☆彡安全性の高いレーシック手術

レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。

 

レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。



☆彡安全性の高いレーシック手術ブログ:2021-07-10

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはくちをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
お母さんが作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
お子さんは食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って連日食べるものですからね。

でも
お子さんには
何が何でもお母さんの手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、お母さんの手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
1ヶ月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りのお子さんがおいしそうに食べていたら、
それにつられて一くち食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
お子さんの苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

両親がそれをおいしそうに食べれば、
お子さんが興味を持って食べるかもしれません。
お母さんが苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

食事中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんで食事をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。