☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか


☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。
手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。




☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021-04-07

きのうのこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も2年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

ボクの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいる母親でした。
後ろには親父も写っていました。

その時ボクは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

ボクの母親も親父も
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「両親と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、母親が携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

ボクにとって、
母親が持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

ボク自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
母親は違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知った母親は、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
母親自身も試行錯誤しながら…

こうやってムスメであるボクに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
両親と手話での会話を楽しみました。

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか
☆彡サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
☆彡レーシック手術の割引制度を有効活用
☆彡100%失敗しないとは限りません
☆彡もうコンタクトレンズは必要ありません
☆彡レーシックの手術方法を理解しよう
☆彡日本国内でのレーシック実績
☆彡安全性の高いレーシック手術
☆彡大切なのはレーシックの実績数
☆彡レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力回復が現実になる最新のレーシック